2016年11月01日

バンコクで自作PCにチャレンジしてみた(3)

PC自作初心者🔰@バンコクです。

今回はマザーボードの組み付けと配線をやったので、記事を書きます。

わたくしが買ったマザーボードH170 PRO(ASUS)ですが、
ネットで日本語のPDFファイルが見つかりました。
このことがどれだけ心強いか。
外国で自作PCを作る際には、なるべく日本市場で発売されているパーツを選ぶとよいでしょう。マニュアルがなくても(もしくは英語や中国語で書いてあって読めなくても)ネットを探せば出てくるからです。

さて、このマザーボードをPCケースに組み付ける作業なのですが、
これがムチャクチャ難しかったです。
泣きそうになりました(>_<)

ケースにスペーサーというのが6つついています。わかるでしょうか?↓
19A4DD1C-FAB0-43E3-95F4-56037A2B476A.jpg
そこにマザーボードをネジ止めする。
その際、ワッシャーをかましてマザーボードが傷つかないようにする。
正しく止めると、PCケースの裏のバックパネルからいろんな端子が正しく顔をのぞかせます。しかし、妙に合わないのですよ。
ケースが『アイーン」な品質だったのかもしれません。
いや、単にわたくしが不器用なのかもなぁ。

結果的に、なんとネジが全部止まりましたが、
はたしてこれでよいのやら。。。

次に、各種ケーブルをマザーボードに取り付けます。

電源ユニットをから出ているATX電源ケーブル&補助電源ケーブル。
次にPCケースのフロントパネルからHD AUDIO,USB2.0, USB3.0, POWERSWITCH,RESET SWITCH,POWER LED,HDD LED。
なる線が出ていまして、それをマザーボードに刺してゆくのです。
「知るかよ!」というのが普通の人の反応ではないでしょうか。
一応、マニュアルを見ながら作業しましたが、心が折れそうでした。

一応、ここまで作業を終えまして、
現在の様子はこんな感じになっています。
最終的には結束バンドでケーブル類を束ねるべきかも。
4518C610-15AE-4D9A-A293-AB871B448ACE.jpg
↓バックパネルはこんなものなのでしょうか。
微妙な感じ。
4814EE58-5F82-4D80-B94A-F08CBF78273B.jpg

朗報としては、ですね。
グラフィックボードというパーツが
必要だと思い込んでいたのですが、
これは 3Dゲームなどをたしなむヲタク向けのパーツらしく、
わたくしには必要のないもののようです。
ソースはここです。

続きはまた。
たぶん明日、お仕事帰りにZEERで
SSDとハードディスク買って来ますよ。

では、次回に続くからのー。

posted by 拓也さん at 22:32| Comment(0) | 自作PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

バンコクで自作PCにチャレンジしてみた(2)


パソコン自作・完全初心者。
しかもタイ在住(ゆえに日本語サポート皆無)です。
今回もよろしくお願いします。

まずは、ファンを取り付けてみました。
PCケースには、実は元から吸気ファン(正面)、排気ファン(裏)
が初めから付いていました。
が、もう一つ吸気ファンを組み付ける場所があったので、
つけることにしたのでした。
作業はネジ止めするだけ。以上。

F82BBF9F-8AA0-4BCC-8085-3F8DA8AD2932.jpg

次に電源ユニットを取り付けてみました。
下の写真のケースの右下隅にある黒いのが電源ユニットです。
心配だったのは、あとからマザーボードを組み付ける時に
作業のジャマになるのではないか?ということでした。
でも、まあ下のような感じで何とかなりそうです。
電源ユニットをつける時に上下を間違えないようにするには、
電源についているファンの向きですかね。
ファンがケースの外に向くように付けること。
(まあ、反対につけるとネジ穴が合わないので気づくと思いますけど)

3319CD85-A166-4619-9D29-0F4AD12E6467.jpg

次に、11月28日に買ったCPUとメモリーの画像をあげときます。
CPU Intel Core i5-6500 3.2GHz 6M 4/4   7190バーツ
CORESAIR LPX 8GB-2133  C13            1900バーツ

CPUは、うっかり静電気なんかでやられた日には
二万円がパーになりますので、
買う時に、マザーボードをお店に持って行って、
お店の人に取り付け方を教わりながら、その場で取り付けました。

4B1E2A17-146B-446E-AA7D-5BB7C97B6B1D.jpg

下の写真。わたくしの指の下にCPUファンがありますね。
その下にCPU があります。
わたくしの予想では静電気防止手袋でもして、
細心の注意を払って作業するのかと思ったのですが、
ふつうに素手でやりました。
CPU の側面をつまめば、大丈夫みたいです。
それと、、、CPU ファンにIntelのロゴが入ってますよね?
ここについてる保護シートみたいなのは取り除くこと。
他にも、マザーボードのASUSのロゴについてる保護シードも
同じく取り除く。
それは、PCを動かすと熱くなって溶けるから、だそうです。
知らんかったよ〜。

46CDFC21-F9E6-49B2-B49A-5BBF27AA6DAF.jpg

下の写真。
この2本ささっている黒い板状の物体がメモリーです。
メモリーは2本1組になってまして、取り付け位置はマザーボードごとに
決まっているようです。
これもマザーボードと接触する部分は手で触ること厳禁。
上からまっすぐに刺すだけだし、
切り欠きの形で向きを間違えることもないとは思いますが、
キチンとカチッと音がするまで差し込みます。

20E67A69-8C10-4CFB-ADAF-3DF11842EC21.jpg

と、まあ、延々と作業した事実のみを記録したわけですが、
もしわたくしが自作PCに味をしめて、2台目を作ろうとしたときの
備忘録のつもりで書いていますので、
読んでいて退屈だったらごめんなさい、なのだ。

もし2台目を作るなら、なるべく安く売られている
ジャンク的なパーツをこまめに集めて、コスパのいいPCを
作ってみたいですよね。
その方がマニアックで趣味的な感じがして楽しそうです。

次回は、PCケースにマザーボードを組み付ける。
そして、SSDとハードディスクを入手する。
この辺の記事をアップできるように頑張ります❗️













posted by 拓也さん at 18:21| Comment(0) | 自作PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

バンコクで自作PCにチャレンジしてみた(1)

FacebookやTwitterはここ(´ω`)で、
自作PCにチャレンジしたいんだよね、という
投稿をしたところ、

自作マニアの友人や、その道のプロから
温かい激励の言葉をいただいて、恐縮しています。。。

やなお君、ひゅるさん。ありがとう!

24日(月)←3日前ですに下見に行った
ZEER RANGSITの2階・AUTONETというお店
パーツを買いに行ってきちゃったよーん。
ということでご報告させていただきますので
よろしくお付き合いくださいm(_ _)m
247A2810-9630-475D-BDFF-9BB21C0F5F3E.jpg
お店の外観を載せておきますね。
なぜモノクロかというと、
Twitterに投稿する上で、プミポン国王への弔意を
払い、モノクロエフェクトをかけてしまったからです。

お店の人は親切で(まぁ当たり前か)こちらが
「自作は初めてなんですぅ」とか(タイ語で)いうと、
「まずはマザーボードから選びましょう。
その理由はですね、先にPCケースを選ぶと
取り付けられないことがありますからね、ペラペラ」
などと、タイ語や英語を交えて説明してくれます。
「分からないからオススメのを選んでよ」というと、
「これが売れていますよ」と選んでくれます。
それをGoogleでその場で調べて、
評価が悪くなければ買えばいいんじゃないでしょうか?
どうせシロウトには訳が分からない世界なんですし。

下見の時もそうでしたが、とにかく、
恐れずにお店の人に気軽に話しかけること。
これがポイントになってくるでしょう。

以下に、今回買ったパーツと値段を載せておきます。

PCケース:VANGUARD PLUS 2Fan(XIGMATEK)1550バーツ。
5F93697C-4BB2-4754-9A28-7C3D949FD2F0.jpg

マザーボード:H170-PRO(ASUS)3690バーツ。
1A38D0C7-E94C-4BB4-8997-97C62B942168.jpg

電源ユニット:GLACIER 600M(Rosewill) 2390バーツ。
B12A35FF-74E6-45D9-A7CD-AAEAAF29E744.jpg

ファン(追加):Enermax 12cmTBAPOLLISH BLUE 290バーツ。
0C3E9BA0-70B1-4ABD-B22E-152BD681A858.jpg

わたくしは14年くらいタイにいることから、
一応日常会話に困らないくらいのタイ語を話せます。
こういう「ローカルなお店で、しかも訳の分からぬPCパーツを買う」
ということをやるとなると、ある程度の語学力は必須です。
もしタイにいて、タイ語が残念な方は、
ぜひ通訳に同行していただいて
お店に行かれるといいと思います。
もちろん、通訳がPCオタクであれば最高です❗️
 
接客してくれたラックさん。↓
高校生だった頃、TLSで日本語を学ばれていたそうで、
がんばって話してくれました。
このブログを見た日本人がこのお店で自作PCにチャレンジしたら、
ラックさんの日本語も上達するかもしれませんね。

31E49059-90AB-416E-99DB-F2131E5F8571.jpg

とりあえず、今日買ったパーツ。
うちで途中まで組み立ててみて、
来週、SSDとHDDとメモリーとグラボ買うよ〜。
という話をして来ました。
「出来なかったらお店でやってくれるよね?」
と聞くと
「インディーカー」(喜んで)と言ってくれたのが
やや心強かったです。

他に注意事項としては、、、
そうだなぁ。
PCケースとか、やたらと巨大だから。
車で持ち帰らないと(もちろんタクシーでもいいけど)
きびしいかも、ですね。

じゃあ、次回に つ・づ・く❤️

posted by 拓也さん at 21:24| Comment(0) | 自作PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る <a href="http://happythailand.seesaa.net/"> タイ発 小さな幸せ日記 </a>トップへ戻る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。