2014年01月07日

チェンマイ旅行記 4日目


(ワットチェーディールワン)
英語ですが、説明はここです。
夜市の近くにあるお寺。
ワットチェーディールアン
偶然だと思うが、火曜日生まれの私の守護仏である、涅槃仏がいた。
それから、、、
5バーツを入れると、水がシャーッとかかり、番号を表示するおみくじマシーンがあった。
くじ運が悪いはずの私が大吉をひいてしまったようだ。素直に嬉しかった。

下は、神妙な面持ちでおみくじマシーンに挑戦する筆者。
おみくじ


(お土産もの屋さん)
お土産もの屋さんが集まっているビルがあった。
中はこんな感じ。
土産物屋のビル
定番化したお土産は、ナムプリックヌム、キャップムー、サイウワ。 あたりだろうか。
(チェンマイ名物の食べ物の名前です)

(リーラーマッサージ)
女子刑務所の更正プログラムを終了したムショ帰りの女性を雇っているマッサージ屋さんのようである。
トリップアドバイザーさんにも出ていた。
非常に、技術はすばらしかった。
そして、こういう刑務所出の人の働き先が出来れば、素晴らしいことではないだろうか。
またお金に困れば、再犯をしてしまうだろうし。。。

国生さゆり風のおばさんがマッサージしてくれたのだが、マッサージの間、
この人はどんな犯罪をしたのだろうか、、、
などと考えていたら、、、寝落ちしてしまった。

これが日本語の説明。
リラーマッサージ

というわけで、身体の疲れも取れまして、帰路に着きました。

今回の旅行は、なかなかよかった。
ちょっと肌寒いのがよかったです。
山があって、ちょっと寒くて、なんか、日本の風景に似ているのね。

筆者の配偶者は、老後は、チェンマイのような田舎に住みたいらしい。
たしかに、こういうのも、老人になったら落ち着いて暮せてよいですね。

posted by 拓也さん at 20:00| Comment(0) | チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

チェンマイ旅行記 3日目

タイ最高峰。ドイインタノン山に行ってきました。

ドーイインタノン山
チェンマイ市街から1時間ちょっとのドライブで到達する、タイ王国でもっとも高い山である。
山頂につく前にお寺がある。高地にあるので、空の色が深い青で、お寺の尖塔と、速い速度で流れる雲がみごとであった。お土産物や、コーヒー、軽食などの店がある。空軍の帽子などが売られていた。

IMG_0204.JPG
ここがタイ標高最高地点!そう書いてあったので、気合入れて写真撮りましたが、、、
なぜかこの上にも道が続いていたという…不思議な場所です。
近くに空軍のレーダーがあります。そこは写真撮影禁止。

ワチラタン滝
ドイインタノン山の帰りに立ち寄った滝である。
ムチャクチャにデカイ滝で、迫力はかなりのもの。
当然かもしれないが、立ち入り禁止になっていた。
滝
滝からちょっと離れた場所にござを敷いて食事をしたが、そんなことをしている人は他にいなかった。
IMG_0210.JPG

アクシデント
この日は、借りていたレンタカーがチェンマイ市街に帰る途中で故障するというアクシデントに見舞われた。
これが故障したクルマ。ちなみにTOYOTA AVANZA。
TOYOTA AVANZA
結果、代車が来るまで4時間も待つことになる。
外国人だけでレンタカーを借りると、こういうトラブルが起きたら大変だと思う。
素直に、ロットデーンを利用するのが吉かと思う。

名もなきパッタイ屋さん
義弟がひいきにしているパッタイ屋さん。
ソースを自作しているという。たぶん、旅の間で食べたものの中で一番美味しかった。
パっタイ屋さん

いやいや。なかなかたいへんだったけど、思い出に残った一日です。
posted by 拓也さん at 20:00| Comment(0) | チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

チェンマイ旅行記 2日目

2日目は、ワットドーイステープという、最大の観光スポットとなっていると思われるお寺を中心に回った。
チェンマイ市街の北西に位置します。

クンチャーンキアン

YOUTUBEで見つけました。↑
レンタカーで山を上っていき、ドーイステープ寺の少し上の駐車場に車を止めた。ここから、さらに上にあるクンチャーンキアンという、チェンマイ大学が所有するという花園に行きました。ここは、細い道を上り下りの車がすれ違う山道で、ロットデーン(訳すと、赤い車)で行くしかない。30分も山道を揺られて走る。かなりハードだ。赤い車の料金は交渉制のようである。
クンチャーンキアン
花園には、たくさんのコーヒーの木や、日本のサクラのような木があった。
コーヒーは飲まなかったので、美味しいかどうかはわからない。地上の楽園のような場所なので、ぜひおすすめしたい場所である。

(ワットドーイステープ)
チェンマイで観光の目玉になっている有名なお寺。
急勾配の参道は、ケーブルカーで登れます。
さすがに人が多かった。
帰りは階段を降りるのだが、途中で民族衣装を着た子供たちが、
いっしょに写真を撮るアルバイトをしている。
頬にキスしてくるような子どももいて、
やりすぎじゃね?ってくらいに、非常に観光客慣れしています。
(人物写真はSNSでしか載せないのですが、、、)

(ナイトバザール)

マイカーで行くと駐車場がない。運河沿いに煉瓦の壁が特徴的な、夜遊びとショッピングのスポットである。
我々が行ったのは日曜の夜だったが、平日もやっているかはわからない。銀製品、お土産もの、服など。
ナイトバザール
中国からの観光客が多かったので、中国語のページのリンク貼っておきます。「清迈夜市」(Qingmai yeshi)と表記するようです。
posted by 拓也さん at 18:00| Comment(0) | チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る <a href="http://happythailand.seesaa.net/"> タイ発 小さな幸せ日記 </a>トップへ戻る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。