2012年10月02日

唐突ですが、ジャズで使うスケール

いわゆる協会旋法CHURCH MODEというのを、ジャズを演奏される方は知っていると思います。
(ジャズを知らない人にはチンプンカンプンですね〜、すみません)

これ、覚え方があって、メジャースケール、いわゆるドレミファソラシド、からどうやってずれてるかを覚えると、意外に簡単に弾けるんですよね。
赤い字がずれてるところです。

ドリアンスケールだったら、「3つめと7つめがbなのね」みたいにして覚えるのです。
頭の体操だと思って、CHURCH MODEぜんぶ弾いてみると楽しいですよ。

主音Cでやってみましょうか。
()の中は、コードネームですね。このコードに合うスケールですよ、という意味です。

IONIAN SCALE (C)
ドレミファソラシド

DORIAN SCALE (Cm7)
ドレ ミb ファソラ シb ド

PHRYGIAN SCALE (Db/C C7susb9)
ド レb ミb ファソ ラb シb ド

LYDIAN SCALE(C#4)
ドレミ ファ# ソラシド

MIXOLYDIAN SCALE(C7)
ドレミファソラ シb ド

AEOLIAN SCALE(Cm7)
ドレ ミb ファソ ラb シb ド

LOCRIAN SCALE(Cm7b5)
ド レb ミb ファ ソb ラb シb ド


どうですか。けっこう頭がこんがらがりません?

これが全部Cだけじゃなくて、12音全てでダーっと弾けることになるのが、ボクの夢なのです。
そうすると、12×7で84もあるんですよね。頑張りがいがあるよなあ。

実は、ジャズだと他にもメロディックマイナースケールというのもよく使うのです。
それも練習しないといけないわけでして、なんかすごいことになっているのです。
posted by 拓也さん at 19:00| Comment(0) | ミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

大野雄二トリオ、サイコーです!

ボクの趣味は音楽です。
楽器はピアノ。歌うのも好きなので、ボーカルもしています。
ジャンルは何でも、ですが、ポップスやジャズを弾くことが多いです。

いずれこのブログからもリンクを貼りますけど、曲を録音すると、インターネットにアップして、友だちに聞いてもらったりして、楽しんでいます。

こないだまで宇多田ヒカルさんの「CAN’T WAIT TILL CHRISTMAS」を録音していました。
最近それが一応、終わったのですね。今度は何を録音しようかな、とか思って。
歌をやると、次はピアノをやりたくなるんですね。

ピアノトリオが弾きたいので、ボクの大好きな、大野雄二さんの「愛のバラード」をやってみることに。
YOUTUBEの動画を載せておきますね。



カッコいいでしょ?

もちろん、ボク流に弾くので、こういう感じにはならないんだろうけど、音の使い方とか、真似してみようかな、と思っています。

posted by 拓也さん at 20:00| Comment(0) | ミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る <a href="http://happythailand.seesaa.net/"> タイ発 小さな幸せ日記 </a>トップへ戻る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。