2016年01月15日

XPERIAタブレットが逝ってしまいました


さる水曜日のことです。
愛用(なのかな?)していたソニーのXPERIAタブレットが、電源入らないのです。
お亡くなりになったようです。
何の前触れもない突然死でした。ドッヒャー。

DSCN2673.JPG
↑このMicroSDはアダプタを入手して、再利用したい。
(とはいえ8Gしかないので、アダプタ代も出ないか)

いわゆる「ソニータイマー」が発動したのか?とも思いますが、
どうなんでしょうね?

もちろん、「電源ボタンと音量大の長押し10秒」なども試みましたが、完全に沈黙しています。
というわけで、これからタブレットを買う人は、XPERIAは買わないことを強くおススメいたします。

ハッキリ言って、XPERIAはブタのような製品でした。

1.USBケーブルやイヤホンジャックのコネクタ部分のフタの作りが甘く、軽くぶっ壊れる。(下の写真参照)
2.SIMカード入るモデルにしてよ。タイはWiFi環境悪いんだからさ。
3.Androidのせいだとは思うが、一時ウィルス感染してヤバかったんですけど。
4.WiFiの感度が弱い。「将棋ウォーズ」で痛恨の接続切れ負けが多数!

のようなさまざまな嫌な気分で使っていました。
繰り返しになりますがXPERIAは買わないことを強くおススメいたします。

DSCN2672.JPG
↑このように、フタの造作が致命的に悪い。もうちょっと何とか成型できないものか。


DSCN2674.JPG
↑クレイドルが無意味なオブジェと化している。さらに哀愁を誘います涙;

ちなみに、本体側面の印字を見ると、
Xperia Tablet Z Wi-Fiモデル SGP312JP
というモデルで、価格ドットコムで調べると45,755円もします。
ヤフオクでも2万円以上で中古が出回っている。
そんな高価なモノなのだから、安易に壊れないでほしかったです。
で、これを読んだあなたは、ヤフオクなどで買わないほうがいいっすよ。マジで。

「ソニータイマー」は、私が日本に住んでいた10年以上も前から聞いていました。
特にノートPCのVAIOでよく耳にしましたが、タブレットやスマホに移行した現在でも、いまだに健在なのでしょうか。

ちなみに3月に、ソニーの「PlayStation4」を買おうと思っているので、ゲーム機は壊れないでほしいです。ちなみに、私の知っているタイ人の学生さんは、PS4を使って、友人同士でオンライン対戦をして遊んでいるそうです。
すごいですね。今日、その話を聞いて
(ソニーなのによく壊れないな〜)
と思いました。
ソニーと言えば、前に勤めていたアホ会社にも社長がソニーから天下って来ていました。
欲望が強くオンナにだらしなく、さらに言えば将棋すら弱い、ダメな人間でした。
創業者は偉大なカリスマなのに、どうもこの会社には私の中で残念なイメージしかありません。。。

さて、代替のデジタルガジェットといたしましては、
私がそそられるのは、バンコクのITモールで売っている、安い中華Padですね。
中古で、個人経営の小さい店のガラスケースに並んでいるようなのがいい。
あれなら、たぶん安いし、壊れてもまあ惜しくない。
私はデジタルガジェットというものは、ハイエンドモデルを買う人はアホだと思っています。

幸いにも古いiPADもありますので、そちらに乗り換えることにいたしましょう。
私はアップルIDもiTunesも何もわからないド素人です。
おそらくはいろんな人に聞きまくって、アップル王国の牙城に挑むのでしょう。
その辺の記事もいずれ書いていきたいです。
posted by 拓也さん at 23:06| Comment(2) | 技術情報局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごぶさたしております。軽妙な文章がとても面白いですね。

私のほうはユ○クロのズボンですよ。買って1回しかはいていないのにチャックのベロがどっか行きましたよ。チャック上げるのは何とかできるのですが下すのができないのでゼムクリップを取り付けてベロの代わりにしてますよ。

日本企業の品質神話ももうおしまいですね。国と同じで滅亡寸前ですわ…
Posted by 淡茶居う沢 at 2016年01月16日 14:12
ユニ○ロの、よりによって「ズボン」が品質不良はちょっとショックです。
というのは、私はズボンだけは「ユ○クロ」のがいいから、という理由で、
けっこう連続購入していたので、、、
まあ、シャ○プも中華企業に買収されそうだし、逆に品質アップするんじゃなかろうか。
Posted by 拓也さん at 2016年02月04日 00:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TOPに戻る <a href="http://happythailand.seesaa.net/"> タイ発 小さな幸せ日記 </a>トップへ戻る