2016年04月25日

パットプリックユワック

異国の地で、たまにホッとする味に出会うと嬉しく感じるものです。
パットプリックユワックが、まさにそんな料理。
プリックユワック、は、日本でいうとピーマンの仲間かな、と思われるので、調べてみました。
4E1E2ED6-9284-4D70-86A7-DF83E526381C.jpgพริกหยวกบ้านเรา



タイでプリックユワック(พริกหยวก)と言うこのお野菜は、英語だとbell pepper。アメリカ語だとsweet pepperです。
ベル(bell)のような形の、甘い(sweet)トウガラシ。
日本だと、パプリカ、ピーマン、でしょうね。
色は黄ミドリのが普通ですが、日本のピーマンやより苦味なく、色も薄い。

これを屋台で注文すると、
「ブタ?」と聞かれました。パプリカと一緒に炒める具材には、特に決まりがないのかもしれません。
私のオススメの食べ方は、目玉焼き追加で、ナムプラー(魚醤)をたらっとかけて食べると最高です。

写真のパットプリックユワックは、35バーツ。
100円ちょっとで、こんな素敵なランチが食べられて幸せです。
635D37A5-60EE-4696-9104-D5000AF6F603.jpg







posted by 拓也さん at 00:03| Comment(0) | 【タイ料理】屋台・ごはん系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

一時帰国を終えて


「40にして惑わず(「論語」孔子・著)とか言いますが、わたくしは惑いまくっています。
そんな人生なんです。

今回の50日間にわたる長期一時帰国で、
その辺りの思考をまとめていこうと思いましたが、何もww

ご近所のサークルで囲碁を覚えて、
韓国ドラマ「逆転の女王」(全31話)をゲオで借りて来て、全て観る。
それくらいでした。

ただ、今の自分の状態で、一つだけ__
「惑わない」ことと言えば、
自分は「家庭」の中で学んでいくことが多い人間なのだろうな、ということでしょうか。

YOUTUBEか何かでふと見た
相田みつを(トイレの壁とかによく貼ってある書道家)が
そうだったらしいけど、自分もそのパターンなんだろうな、ということですね。

なんかパッとしないけど、そこはブレていない生き方と言えるかもしれない。

今回の長期一時帰国は、娘の「ももちゃん」(本名はもうちょっと長いのですが)を、
いっぱしのバイリンギャルに育てるべく、彼女を1年間、日本の学校に入れるということで、
そのアテンドで来ていたのですが…。
実際、50日の間に、日本語、上手になったわ〜。
まあ、一応は目的は達成している感じなんだけど。

こう言ってはアレなんですけど、娘は、私といると楽しそうにしてるのね。
「もうすぐパパは帰るからね。」と言うと、すごく悲しそうな顔をするし。
そして、タイにいる奥さんとは毎日LINEして、いろんな話をして、
タイ語なので語学力の関係で細かいことは話せないんだけど、
やっぱ彼女は、人生の伴侶だなぁ、としみじみ思ったりもして。

まあ、今後、自分の人生がどのように展開してゆくかは不明ですが、
家族と楽しく生きていこう、という基本部分だけは、迷いなし、ですね。

帰国中、同世代の友人とけっこう会ったのですが、
けっこう、みなさん、離婚してたり、独身だったりしていらっしゃいます。

でも、そういう方たちはきっと「仕事」とか、「○○道」みたいな、何かしらの道、とか、
そういった彼らなりの「惑わず」といった生き方があるのだろうと思いますね。
で、それが、わたくしからはとても輝いて見えたりするのです。

とは言え、自分もこれからは
「こういうことをやっていこう」というナリワイのようなことを作っていきたいという気持ちがある。
それは家族とは関係なく、1人の個人として、ですね。
その辺の試行錯誤、みたいなことをブログなどにも書けたらな、と思うのです。

posted by 拓也さん at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る <a href="http://happythailand.seesaa.net/"> タイ発 小さな幸せ日記 </a>トップへ戻る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。