2015年10月01日

最近人気のSIMフリーAndroidスマホ「ZenFone2 Laser」をタイで使ってみた


9月は2週間弱、日本に一時帰国していました。

sumaho1.jpg

その時、親に 「ZenFone2 Laser」 なるSIMフリーのスマホをもらいました。
私のように、外国と日本に2つ拠点がある人は、断然、SIMフリーのスマホがいいです。

日本のiPhoneは、タイのSIMカード(もちろん、他の国や地域でも、でしょうが)が入らないそうで、
(これをSIMロック、と言いますが)それが問題なんですね。
もしiPhone6を買うなら、私だったらSIMフリーのiPhoneをタイで買いますね。

日本滞在時のネット接続はPrepaid LTE SIM を差し込んでバッチリつながりました。
一応、あざとくアマゾンアソシエイトのリンクを貼らせていただきます↓




テキストリンクしか生成できなかったです↑(上の写真を参考にどうぞ)
買う時はSIMカードの種類(NanoSIM MicroSIMなど)にご注意。
使う端末に合うものを買いましょう。

今まで使ってた端末は「iPhone4S」だったので、
「ZenFone2 Laser」は動き速いしカメラもいいし安いし、よいと思いました。


一抹の不安は、本当に「iPhone4S」に刺してあるタイのキャリアTRUEのSIMカードを
「ZenFone2 Laser」に入れて使えるか、ということです。


sumaho2.jpg

↑SIMカード(TRUE H)を抜いたiPhone4S。WiFiはつながっている。
… とここで集中力が切れまして__

発言小町を読んでいるうちに時間が過ぎてしまいました。いかん!
ま、どうやらアイフォンも、使おうと思えばWiFiのある場所では使えるようです。


sumaho3.jpg




で、ZenFoneのスロット1に入ってる上述のPrepaid LTE SIMを外して、

タイのTrueMoveHのSIMカードを入れました。

sumaho4.jpg

おーっ!無事に動作しました。

しかも日本みたいにAPNの設定だアクティベーションだ、というのがありません。
あっけなく出来ました。

(Trueがプリペイド式ではなく、毎月払ってるプランだから、なのでしょうけど)


一応、注意点をいくつか。


1.LINEは元の端末では使えなくなる(当然か)
  しかもマズイことに元端末のトークなどのデータが消滅する(>_<)

2.PCとスマホをつなぐUSBケーブルはデータ転送用と充電のみ用があります。
  ZenFone 2 laserはWin7環境でドライバが自動で入るはず。
  ZenFone 2 laserは充電器の差し込み口と同じ形なので注意が必要。

3.ZenFone 2 Laserは内部ストレージがすぐにいっぱいになってしまうので注意。
  しかもPCのブラウザで開いて消そうにも、中が見えなかったorz
  私の場合は、Googleブックス(本を読むやつ)をしかたなく消したら容量が出来た。

4.ZenFone 2 Laserのフタのこじ開けは面倒。下部の充電器の差し込み部分から
  爪で徐々にこじ開けるのが吉でしょう。
  SIMカードは丸めたセロテープなどをつけて引っ張るとスムーズに抜けます。
  iPhone4SのSIMカード取り出しはゼムクリップの先端を延ばしたもので代用可能。

以上でした。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

posted by 拓也さん at 14:35| Comment(0) | 技術情報局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る <a href="http://happythailand.seesaa.net/"> タイ発 小さな幸せ日記 </a>トップへ戻る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。